CBR250R 外装ペイント偏 

 

 

 

 

 

 

まずはCBR250Rの外装及びホイールペイントの完成写真です。

 

ペイント前の写真をちゃんと写してなかったのでサービス工場で作業に掛かる前の写真でご勘弁を!!

 

 

フロント部分のシルバーのカウルを車体色のREDで、リア部分のシルバーのカウルをブラックにペイントしました。

実は、このCBR250Rの純正キャンディーレッドに色を合わせることが至難の業!!

車ではどこでも自動車板金塗装業の看板を良く見かけますが、何方もバイクの板金塗装に看板は見たこと無いと思います。

車の塗装は塗料メーカーのデータがしっかりしていて、どのメーカーの どの車の どの色は・・・・とすべて数値化されています。

 

また、車の塗装面に塗料専用の機会を当てるだけで塗料の種類や数量まで表示する機械もあるようです。

でも、バイクの場合はそのような数値化したデータが何にもありません。

なぜなら、車の場合、外装の部品(フェンダーやドア、ボンネットのパネルなど)を交換する際、部品として色の塗られていないものが届き必ず塗装が必要です。

バイクの場合、外装の部品を注文すればそのバイクの色で塗装された部品が届くので塗装の必要がないと言う訳です。

ただ、今回のようにカスタムしたいや、「外装に傷が付いたけど純正部品がびっくりするほどお高いので何とかしたい」

そんな場合のお助けマンが実は福岡の糸島に居るんです!!

そのお助けマンは福岡のバイクショップの間ではかなり有名で調色(沢山の色を調合しバイクの色に合わせること)では特に評判のショップなんです。

そちらに依頼したカウルペイントは最高です。

 

アメブロでペイントハウスHITと検索してみてください。

実はこのバイク、九州大学の学生さんが乗ってるバイクですので近くの方は見かけるかも知れませんね。

 

ペイントに関しても一度バイクショップライズへお尋ねください。

2018-06-27
お気軽にお問い合わせ下さい

▲このページの上へ

トップページライズについて商品一覧アクセスマップお問い合わせ
Copyright(C) 福岡市のバイクショップRIZE[ライズ].All Rights Reserved.